ホールでダイヤモンドを迎撃困難な理由 » アーカイブ

今日も面白くほどほどダイエット。

読了までの目安時間:約 2分

食べたものを録音もらえるアプリケーションを使って、収録シェイプアップをしています。
自分の身長やウエイト、階級、対象ウエイトなどから、一年中の目安となる補填カロリーがあるのですが、個々人は、その設置を下回るように、ただし、たくさん採り入れるということを実践しています。
生野菜のサラダやモヤシ、春雨などは、必ずやシェイプアップのお助け根源ですな、と感じます。仮に食べてもカロリーは低いですし。
パン食べたいな、って思ったら、カロリーの乏しい米国粉のパンにしたり、スウィーツには無糖のヨーグルトにしたり。
今日は、設置のカロリーまで隙間があったので、ワインを呑みました。
ほどほどで、楽しみながらシェイプアップを続けていらっしゃる。
野菜や肉・卵など、日々の食べ物で苦手なものがあると栄養面で些か厄介です。が、「こういうお菓子は嫌いで食べられない」とあっても、何しろ好み代物なので何の不便もないと思われます。
自分は昔から、マシュマロが嫌いで嫌いで仕方がありませんでした。(因みに似たような舌ざわりのはんぺんもある程度拒否だ。)ヘルプなどでもらっても、奥さんにあげてしまっていたぐらい苦手なのです。
一生マシュマロを食べられなくても問題ないと思っていたのですが、今度幼稚園のBBQ席で「マシュマログリル担当」を担当することになってしまいました。見極めるのも不快マシュマロを、焼き串にさしてどんどん笑顔で配布する…という因果な役だ。
「美味しいですよ~!」って、この際は戯言をついて呼びかけてもいいのでしょうか。

デコトラの荷台の内輪

読了までの目安時間:約 2分

ケバイ飾りをしているデコトラは、
派手にやるのは形状といった移動ベンチだけなのかとしていたのですが、
荷台の中頃までそんな派手になっているは思いませんでした。
テレビでデコトラが集まっている催しを見ていると、
ドライバーちゃんが荷台の後ろの扉を開けたのですが、
あの場所は本来であればバッグを積み込む企業なのに、
どのデコトラもパーソンが暮らせる広間になっていて、
到底荷台の中頃がそんな状態になっているとは思いませんでした。
考えてみるとあそこに集まっているデコトラは、
普段着あの貨物でバッグを運んでいるのではなく、
道楽で飾りやるだけなので、
荷台の中頃まであのようにやれるわけです。
目下、お子さんが保育園で慣らし保育をしています。私の復帰は来週からなので、お子さんが保育園をめぐってある間は1人の自由だ。
その休暇の間に、扶養や洗濯、衣替え、配達などを行います。また、夕飯も昼間のうちから作っておいてしまう。
余った時間はテレビをだらだら見ていらっしゃる。お子さんがいる間はテレビなど全然つけないので、昼間のデータプログラムをくつろいで見極める時間は気晴らしにもなります。
そうして、きのうは録画した「スポーツマンの精神」を見ました。羽生結弦プレーヤーの修練を追った再放送プログラムが放映されていたので、休暇に見ようという録っておいたのです。1人類でのんびり堪能できました。

米国軍の認定相棒船が那覇軍港に寄港した

読了までの目安時間:約 2分

これは、USA海軍の判別部隊の「ネイビーシールズ」を支援する船のようです。これまで、寄港したことは確認されていないと言うことだ。海軍の判別部隊がウェイティングは、本当に朝鮮半島が緊迫してきていると言うことでしょう。また、原子力空母も展開していることから、陸って空からの触発シチュエーションになるのかと思います。USA軍がリード触発したら、日本にミサイルが飛んでくるかもしれません。迎撃ミサイルも、対応できるグランドは限られていますし、大量に銃撃されたら、何発進かは網の目線をくぐって着弾することも考えられます。現下ぴったり、戦後最大の窮地なのではないでしょうか。
前年の立て続けの台風の上陸で、
北海道でジャガイモが実利不完全になってしまいましたが、
その衝撃が今頃になってポテトチップスに出てきて、
いまひとつ売れていないような一部の雑貨が営業ストップになるそうです。
こういう通知を見たとたんにやたらポテトチップスが食べたくなってしまい、
翌日に買ってしまいました。
営業を中止するのが目下一部の雑貨だけみたいですけど、
塩味とかのり塩味は大丈夫なのですか。
営業が一刻中止するのは特別いいのですけど気になることがあって、
もの不完全を理由にして値上がりしましたとなるのは勘弁やるだ。

「誰でも」ではないね

読了までの目安時間:約 2分

オリンピックスタンダードなど健闘したフィギュアスケーターの浅田真央スポーツマンが、
ついに自身の現役に一区切りを打つことを決意したようです。
そんな恋人の得意技の内が、トリプルアクセルと呼ばれるジャンプだ。
言うまでもなくインテリジェンスのある性分がエライ中でどうにか一部が可能となる
凄い方法なのですが……。
とあるワイドショーの中で、ポピュラーキャスターがこういうジャンプの事を
「現在でこそ誰でも飛べる」ということを言っていました。
虚偽はやめてください、夫人フィギュアの年季を紐解いても
浅田スポーツマンを含む5輩しか成功してないおそろしい方法なんですよ?
丈夫から休暇までマスコミに徒歩をひきつるスポーツマンくらしでしたが、
多くの日本人はそれ以上に浅田スポーツマンに声援を送っていました。
お疲れさまでした。
昔読んだマガジンをたまに思い起こします。「タンギー「近頃」を生きてきた子どもの物語 」というマガジンだ。書き手のミシェル・デル カスティーヨちゃんの半自伝のような形で出版された物語だ。
スペインのフランコ独裁政権関係の内紛や、ナチスドイツの無理強い収容ポジション、第二いつか風土戦後のスペイン国内の混乱など様々な憂き目の中央を生きてきたちっちゃいタンギーの物語だ。
無理強い収容ポジションの中で親友になったギュンターというそれぞれがタンギーに言い聞かせるコピーが心に残っています。「憎しみに心を奪われてはいけない」というコピーでした。
中高生のリーディング評定文字にも向いていると思います。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー